2017メリダディーラーミーティング

毎年湘南で開催されるメリダディーラーミーティングに参加してきました。

DSC_1301DSC_13022017年の新モデルはロードモデルのスクルテューラシリーズが大きくモデルチェンジ。ディスクブレーキ対応と新型デュラエース(R9100)仕様の完成車、更にスラムの無線電動コンポREDeTAP搭載完成車。この3点が大きな目玉だと言えます。

DSC_1294DSC_1293スクルテューラ9000-Eは昨年発売された超軽量フレームに噂のスラム無線電動コンポREDeTAPを搭載した軽量完成車、UCIルールを大幅に下回る重量でヒルクライムをメインに考えている方にお勧めです。試乗時eTAPのフロント変速の操作方法が解らなくて結局リヤ変速しかしませんでした。変速にタイムログは無く逆にDi2より素早い感じがしました。変速パーツもバッテリー内蔵の割に大きさもそれほどではなくて、あとは組みつけやメンテナンス・充電など使い勝手と混信トラブルはどうなのか?少し疑問に思いましたが超軽量フレームとの組み合わせで人気のヒルクライムレースでは記録更新が狙える1台だなと思いました。

DSC_1341DSC_1343今回スクルテューラシリーズは各グレードでディスクブレーキ対応が一気に加速。上位のスクルテューラTEAMからビギナー向けアルミモデルのスクルテューラ200まで4ラインナップを揃えています。試乗ではそのうちのTEAMとカーボンフレームの105仕様の完成車スクルテューラ4000のディスク仕様に乗りました。

ホイルにもよると思いますがやはりディスクブレーキは重く感じました、特に登りは。コンポーネントのブレーキパーツ部分は軽量かもしれませんがフレームやホイルをディスクブレーキ仕様にすればそれだけ強度を上げなければならないので重くなるのではないでしょうか?DSC_1342DSC_1268

操作感はとても良くガツン!と効く事もなく違和感は感じませんでした。キャリパーブレーキと変わりなくそれでいて晴天雨天などの状況に関係なく効きが安定しているのは魅力が有ります。長いアップダウンを含むロングライドを天気が安定しない時期に走るなんて状況があったらもってっこいだと思います。

DSC_1169DSC_1172今年試乗した中で一番印象に残ったのは新型デュラエース(R9100)です。MTBコンポ?、デザインがいまいち?と少し不評な感はありましたがやっぱり乗ったら全然違います、9000デュラがあとどう進化するの?と疑問符も有りましたが操作感が更に向上軽い操作で確実に変速します、9000と乗り比べれば比較出来ると思うのですが安定性と信頼性のアップに繋がっていると感じます。今回は機DSC_1167DSC_1173械式のキャリパーブレーキ仕様しかありませんでしたが電動とデュラエースのディスクブレーキはどうなっているのか期待が膨らみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です