GARMIN(ガーミン)vivosport(ヴィヴォスポーツ)を使ってみた

vivosport(ヴィヴォスポーツ)

昨年の11月に発売されたGARMIN(ガーミン)のvivosport(ヴィヴォスポーツ)、発売以前から興味があったウエアラブル端末前モデルのVIVOSMARTHR(ビボスマートHR)も良いなと思っていたのですが、これにGPSが付いたらなーと躊躇していたら出ましたGPS付きのvivosport(ヴィヴォスポーツ)

vivosport(ヴィヴォスポーツ)

vivosport(ヴィヴォスポーツ)

発売されてから即購入して3か月ほど使ってみました、防水なので風呂に入っても大丈夫ですが風呂に入っている時間を充電時間に充ててそれ以外の時間は常に手首に付いています。vivosport(ヴィヴォスポーツ)

ランニング用のGPS端末やアウトドアタイプのGPS端末と違い軽量コンパクトで邪魔にならず24時間付けていてもストレスにならず常に付けていると付けているのを忘れる位です。

ライフログ(日常生活の記録)機能はすべてを活用出来ていませんが、今では生活に欠かせない機能になってしまいました。特によく使っているのは「ストレス」「睡眠」「ステップ」の3つとアンダーアーマーのスマホアプリ「MyFitnessPal」と連動した「食事の記録」です。

vivosport(ヴィヴォスポーツ)
ガーミンコネクトトップ画面

特にストレス機能は良く活用しています。普段のトレーニングスケジュールの中に休養日や休息時間などを設けているのですが、今までついオーバーロードになってしまいパフォーマンスがあがらなかったり疲労を感じたりして慌てて休養したりしていました。今は毎日のストレスレベルの変化を見ながらストレスレベルが上がってきたなと思ったら疲労を感じる前に休養したりリラックスする時間を多く設けたりして体に対する負荷を管理しています。

vivosport(ヴィヴォスポーツ)
ガーミンコネクトストレスレベル詳細画面

「睡眠」は睡眠のタイミングと時間、質を確認できます。今まで睡眠には無頓着で眠くなったら寝るって感じでした、しかし「睡眠」と「ストレス」の関係を見ると睡眠時間が足らなかったり寝る時間が遅かったり毎日の睡眠にバラツキが有ったりするとすぐにストレスレベルが上がってしまいます。今では寝る時間を決めて時間になったら眠くなくても布団に入って休息するようになりました、そうすると自然と睡眠に入る時間も安定して睡眠の質も良くなったと思います。

vivosport(ヴィヴォスポーツ)
ガーミンコネクト睡眠詳細画面

ステップは簡単に言うと「万歩計」一日の活動の記録です。サイクリングやランニング、ウォーキングなどでログを記録すれば運動量を確認出来ますが、ステップ数で見ると普段の生活全体の活動量を見ることが出来るので日常生活の中にある生活習慣の改善などにも役に立ちます。最近はなるべく歩くようにしたりうちの中でも掃除したり整理整頓したりなるべく動くようになりました。

vivosport(ヴィヴォスポーツ)
ガーミンコネクトステップ詳細画面

日常生活が数字で確認出来るようになってトレーニングだけではなくて、普段の生活も大事なんだなぁと実感できました。

今までランニングの時はサイコンを持って走ってログを記録していました。GPS付きのvivosport(ヴィヴォスポーツ)を購入してからはランニング、ウォーキング、ローラー台など普段身に着けているので大活躍しています、勿論ハートレートセンサーも搭載しているので胸に巻く冷ッとするハートレートセンサーを付ける必要が無いので準備の手間も一つ減って胸の締め付けからも解放されます。ログの記録できる時間は最大8時間なので休日のロングには使えませんがウィークディのトレーニングには十分活用できます。vivosport(ヴィヴォスポーツ)

操作方法も簡単、小さいタッチパネルなのによく多機能を解り易くまとめたなぁと感心します。GPSの反応も早いので冬の寒い時間に外でGPS捕捉待ち何てこともありません。

今でも十二分に使っていますが、まだまだ役に立ちそうな機能がたくさんあるので少しづつ使っていきたいと思います。しかしこれだけ生活改善に役に立つとは思いませんでした!これで24,800円ならとってもお買い得ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です