霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

定休日に初めて霞ヶ浦のりんりんロードを走ってきました。

サイクリストの為の施設が充実していると噂だったのでいずれ走ってみたいと思っていました。

スタートのJR土浦駅は駅ビルの1階がサイクリスト向けの施設があり、サイクルショップを中心に店内にサイクルラックのあるタリーズカフェ、ミニストップ、レストルームと案内所と全てが自転車を押しながら建物内を移動できる様になっていました。

地下には駐輪場とコイン式のシャワールーム、それとは別に更衣室も完備。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました
駐輪場
霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました
男女別のコイン式シャワールーム

今回は車でアクセスしましたが、電車で輪行して土浦駅下車、ここで組み立てと着替えをして荷物はコインロッカーに預けてスタート。

ゴール後は自転車を輪行袋に詰めてシャワーを浴びて輪行で帰る、土浦駅構内で全てを完結することが出来るので他に移動しないで安心手軽にサイクリングに集中して楽しむことができそうです。

コースは土浦駅をスタートして霞ヶ浦を反時計回りに一周する約130kmのコース。湖に沿ったコースなのでど平坦の超フラットコースになります。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

コースには水色の矢羽形のペイントがしてあるのほぼコースミスすることなく走ることが出来ます。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

コース上にはサイクルスタンドを備えた大きな公園や東家のある休憩スポットが点在していて休憩するところはたくさんあります。

コンビニも少ないですが補給に困るほどでは無い位にあります、出来ればスタート時に補給食を持参したほうが安心かも。

今回、昼食休憩はつくば霞ヶ浦りんりんロードのサイトに掲載されていた「しをみ食堂」にお邪魔しました、デカ盛りで有名らしく周りのお客さんは注文したメニューが来るなり悲鳴をあげていましたが自分はそんなに食べたら走る自信が無かったので少なめのカレーライスを頂きました。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました
カレーライス
霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

次回は他のメニューも頂いてみたいです。

霞ヶ浦沿いのサイクリングロードは荒川や多摩川などの河川敷のサイクリングロードと違って車も侵入OKなので車止めがありません。車止めがあるとその都度減速して通過しないといけないのでこれが結構面倒。

その点はペースを乱されず走れるのでとても走りやすいです、ただ途中釣りを楽しむ釣り人が止めた車が止まっているので通過するときは注意が必要ですね。

立ち寄りスポット

コース上には公園やコンビニなどがありますが大きめの立ち寄りスポットもいくつかあります。

土浦駅を出発するとすぐなのでその場合通過する方が多いかも、日帰り温泉施設もあります。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

キャンプ場が併設されている大きな公園で春にはチューリップなどの春の花々が綺麗らしいです。

今回は立ち寄らなかったのですがコース上の唯一の道の駅です。

霞ヶ浦を走るサイクリストみんなが立ち寄るおすすめのスポットです、レンタサイクルやカフェも併設されていてここではちっと長めにゆっくりしたいですね

土浦市街に入って土浦駅に到着する手前に大きなサイクリングステーションがありました、大きな駐車場もあって朝から無料で止められるようでした。

今回初めてだったので駅ちかのタイムズに車を停めましたが車で来るようならこちら方がいいかもしれません。

霞ヶ浦一周サイクリングに行って来ました

車でアクセスのスタート地点

りんりんポート土浦

電車で輪行アクセスのスタート地点

りんりんスクエア土浦

超平坦な130kmのコース。路面も綺麗で信号も車止めもなくとても走りやすいコースでした、予定していたアベレージ速度と巡航速度で予定通り計画的に走り切れるコースでした。

100km以上のロングライドの入門コースにはとてもいいと思います、あとは風向きに合わせて速度に変化を付けて走れば容易に完走出来ると思います。

君津のグラベルロードを走って来ました

昨日の休日、午後からグラベルロードバイクで君津の林道を走って来ました。

君津の清和の森キャンプ場の無料駐車場に車を停めて、以前ロードバイクで途中まで走って断念しUターンした林道へ向かいました。

相次ぐ台風で道路状況も不明でしたが行けるところまで行ってみようとスタート、林道に入る前に登りで早速地滑りで道路が遮断されてました。

自転車から降りて先をチェック。越えれば行けそうだったので自転車担いで乗り越えました。肩痛いから次回からサドルの下に緩衝材入れとこ。

いよいよ林道~、グラベル(砂利道)と言うより山道って感じの路面でゴツゴツした岩や深いわだち、それに台風で折れた大量の枝が敷き詰められたMTBがピッタリのコース。

しかし、しばらく走って慣れてくるとグラベルロード良いです。今回初おろしのグラベルロードバイクはメリダのカーボンフレーム、スラムのフロントシングルのコンポで油圧ブレーキ仕様。

このサイレックスのフレーム、ヘッドチューブが長くて上端部分がかなり高い位置にありハンドル位置も高いポジションになります。ブラケットの位置でMTBのようなライディングポジションになり、下ハンを握るとロードバイクのライディングポジションになります。またハンドル位置が高いので大きなフロントバックを取り付けて走ってもベルトが緩んでフロントタイヤと干渉する事が無く安心できます。

フレームはカーボンなので軽いです、さっき担いだ時や登坂時に実感出来ます。バイク選ぶときにどうせたくさん荷物積むからアルミフレームで良いかなとも思いましたがカーボンフレームにして良かったです。ただキャンプ前提のもっとたくさんの荷物を積んだ時のダボの強度がちょっと心配です。

そして、何が良いって走破性が抜群に良いです。700×35Cのグラベル用のタイヤ、グラベル走行用に設計されたクリアランスのあるFフォークとフレーム。山道のような道でも安心して走れます。

予定では地図に載っていない林道を戸面原の方まで抜ける予定でしたが、今度は杉の倒木が幾重にも重なっていて通れません。

再度、自転車を降りて先を見に行きましたが今度は先が見えないほど長い間隔で倒木していました。残念ですがUターンして戻ります。

途中、見晴らしのいいところで遅いランチタイム。

更に山の風景みながらカフェタイム

県内や首都圏だとオフロードよりオンロードの割合がかなり多いと思います。自宅から林道を走りに行く際はハイペースじゃなければオンロードの走りやすさを兼ね備えたグラベルロードが最適ではないでしょうか。

ツーリング先で出会った小さな小径も走ってみたい贅沢なサイクリストにはもってこいの旅バイクだと思います。

今度はソロキャンプだな!