2018年MERIDA(メリダ)から第3世代 新型REACTO(リアクト)発売


2018年メリダディーラーミーティングに行って来ました

投稿日:2017年7月20日

2018年メリダディーラーミーティングに行って来ました


2018年にフルモデルチェンジされるメリダのエアロロードREACTO(リアクト)はUCI新ルールに適合し大幅な軽量化を果たした第3世代エアロロードバイクです。

2018年MERIDA(メリダ)から第3世代 新型REACTO(リアクト)発売

現在の第2世代のリアクトでも十分軽量で空力に優れたフレームなのに更に進化してフルモデルチェンジ。明日から始まるツールドフランス、バーレーンメリダから参戦する新城選手も新型のREACTO(リアクト)で参戦します。

明日から始まるツールドフランス、バーレーンメリダから参戦する新城選手も新型のREACTO(リアクト)で参戦します。

現行の第2世代リアクトと比較してフレーム単体で1250gから1010gに変更され240g削減。フレームセットでは350gもの軽量化。空力性能も5%軽減、時速45kmで走行時に8w分の空気抵抗を削減出来る数値です。

シートポストだけで300g から 206g へと大幅に軽量化された S-FLEX シートポスト
シートポストだけで300g から 206g へと大幅に軽量化された S-FLEX シートポスト
シートポストのクランプ形状は以前と同じ?
シートポストのクランプ形状は以前と同じ?

 

トップチューブからダウンチューブに変更されたケーブルルーティーン。メンテナンス性も向上してるかも。
トップチューブからダウンチューブに変更されたケーブルルーティーン。メンテナンス性も向上してるかも。
ステムと一体になったハンドル「ヴィジョン Metron 5D」は快適性を重視したエアロハンドルバー。REACT TEAM-Eに装備される
ステムと一体になったハンドル「ヴィジョン Metron 5D」は快適性を重視したエアロハンドルバー。REACT TEAM-Eに装備される

 

美しいトップチューブ形状
美しいトップチューブ形状
更に空力を意識した細いヘッドチューブ。細っ!!
リヤからのフォルムも細くしなやかそうなフレーム形状です。
リヤからのフォルムも細くしなやかそうなフレーム形状です。
リヤのダイレクトマウントキャリパーブレーキ取り付け部分
上部から下方に向かって大きく開いていく細いシートステー
上部から下方に向かって大きく開いていく細いシートステー
逆に高剛性そうな太いチェーンステー
逆に高剛性そうな太いチェーンステー

2018 MERIDA(メリダ) REACTO(リアクト)新発売

第3世代のリアクトは初のディスクブレーキモデルもラインアップ!

新規格のフラットマウントディスクブレーキにはスクルテューラDISC TEAMでも採用された放熱フィンを更に進化させて前後に採用した。
新規格のフラットマウントディスクブレーキにはスクルテューラDISC TEAMでも採用された放熱フィンを更に進化させて前後に採用した。
新規格のフラットマウントディスクブレーキにはスクルテューラDISC TEAMでも採用された放熱フィンを更に進化させて前後に採用した。
フロントフラットマウントディスクブレーキ

バーレンメリダのチームカラーも日本人好みのカラーリング、発売になるのが待ち遠しいです。即効欲しい方は予約必須ですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です