しまなみ海道試走Vol1(広島空港~尾道編)

先週の木曜日早めに仕事を切り上げて8月に開催予定のしまなみ海道輪行サイクリングの試走に行ってきました。

8月の本番は往復松山空港ですが、今回は前泊で翌日1日しかなかったので夕方の飛行機に飛び乗り広島空港から自走で尾道入り。翌日に尾道から松山空港までしまなみ海道を走りました。

車で羽田空港に送ってもらう1時間前に輪行作業開始。間に合うか?心配でしたが事前にちょっと梱包方法を考えておいたので何とか間に合いました。DSC_0186

DSC_0191出発1時間前に羽田空港第2ターミナルに到着。車から輪行バックをおろしカートに載せて荷物を預けに行きました。ここで失敗!携帯ボンベをツールケースに入れっぱなしで来てしまいました、輪行バックから取り出し輪行バックを預ける際に泣く泣く処分して貰いました。

羽田空港は輪行バックなどの大型の手荷物は普通の手荷物預かり窓口ではなく、大型手荷物・特別な手荷物の窓口(窓口ナンバー13)で預けます。

手荷物と搭乗手続きを済ませてセキュリティチェックへ。持込みのリュックがNG!忘れてました!画面にはペダル・クイックリリース・携帯工具・Di2バッテリー・アクションカメラなどが赤裸々に映ってます。リュックから取り出して職員の方にチェックして貰い通過。

DSC_0199やっと飛行機に乗れます。平日の夕方という事で機内はスーツ姿のサラリーマンばかり、サイクルジャージとランニングパンツとリュック姿はかなり違和感あります、しかもひとりだし!

羽田を18:10発広島空港に着いたのは19:35、約1時間半のフライトでした。広島空港に降りて輪行バックを受け取りに。ターンテーブルから出てくると思って目を凝らして待っていましたが振り返ると出口のカウンターに置いてありました。そうなんだ~~

DSC_0208寒い!空港ビルから外に出た途端冷気が~、広島空港は高所にあると聞いてましたがこれほどとは?リュックからウインドブレーカーを取り出しホットコーヒーを飲んでから自転車組み立てです。路線バスやタクシーの止まる通路の一部に自販機・ゴミ箱・適度な壁などがある「輪行はこちら→」と看板立てたいくらいの絶好輪行スペース発見、作業開始。DSC_0213

海外輪行でも大丈夫なくらいしっかり梱包したので自転車にはまったく無問題。梱包作業同様約1時間で組み立て&身支度終了。

広島空港から尾道までは約33km。すっかり闇に包まれた初めての道、外灯もない結構な斜度の下り、しかも寒い、コンディションは良くありません。下りの冷気に耐えながらチェックイン予定の21:45に間に合うか?心配しながら走ります。

眼下に街の明かりが見えてきた頃には下り終了。日中なら海見えるのかな?と思いながら国道2号線を尾道に向かいます、途中ホテルに遅れそうと連絡し22:00ちょっとすぎに到着。

DSC_0223ホテルはしまなみ海道入口のフェリー乗り場近くにあるサイクリストにお勧めのホテル、名前もHOTEL CYCLEしまなみ海道を走るサイクリストの為にあるようなホテルです。フロントの前にあるラックには自転車がいっぱいきっと宿泊客もみんなサイクリストなんだろうなぁ。DSC_0246

フロントのすぐ前の部屋になったのでチェックイン後振り返ってそのまま自転車ごと部屋に入ります。昨年尾道に来た時にオシャレな建物だなぁと思っていましたが、室内もオサレです!ダークベースの色合いの室内で調度品もこだわりが見られてとてもスタイリッシュ!今回予約したのはスタンダードシングルなのでちょっと狭いのですが一人なら広すぎっです。

DSC_0238 DSC_0235DSC_0217DSC_0214

 

 

 

 

遅くなったのでシャワーを浴びて夕食探しに外に出ます。時間はすでに午後11時、尾道駅前まで行きましたが飲食店はみんな閉まってます、仕方なくチェーン店居酒屋でビール・焼き鳥・焼き飯で夕食終了。部屋に帰って就寝。DSC_0224

翌日は同じ建物でホテルスペースの隣にあるレストランで朝食。朝食はパン食のビュフェスタイル、自分は朝はいつもご飯なのでちょっと物足らなかったのですがパンやドリンクの種類が豊富。窓から見える早朝の港の風景を眺めながらゆっくり楽しみました。

 

DSC_0291 DSC_0295DSC_0298DSC_0296

 

 

 

ホントは8:00出発予定でしたが、港を散策してからゆっくりスタート。

しまなみ海道試走Vol2(尾道~松山空港編)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です