濃溝ホタリングRIDE開催

濃溝ホタリングRIDE

7月15日の昨日、先々週から延期になっていた夜間走行サイクリング「濃溝ホタリングRIDE」を開催しました。

午後7:30に西坂田セブンイレブンに8名のメンバーが集合。コースは房総スカイライン~濃溝~香木原林道~清和ほたるの里~の約70kmです。皆さん夜間走行の為ヘッドライトやテールライト蛍光ベストなど安全の為の装備もしっかりしてスタート。濃溝ホタリングRIDE

房総スカイラインまでは街灯もありメンバーのライト類も強力で昼間走っている時とそれほど違いはなく走れました、房総スカイラインから先は街灯もなく登り坂でメンバーもバラバラ。単独になると自分のライトだけが頼りになり特に下りでスピードが出るとヘッドライトの性能が重要になります。

到着した濃溝の滝は車もチラホラ、ホタル見物の家族連れが数組。先日設置したきみぴょんスタンドに自転車を止めてホタル見物スタート。濃溝ホタリングRIDE板張りの遊歩道を散策しながらホタルを探します、闇夜に目が慣れてくると遊歩道の周りに1つ2つと緑の光がポツポツ見えます。「いたいた!」「あそこ光った!」「上飛んでるよ~!」「結構光ってるよ!」と8人のおじさん達も童心にかえり歓喜の声でホタルを楽しみました。

濃溝の滝を出発して夜間走行の核心香木原林道へ、山中の林道は車も通らずもちろん街灯もなく真っ暗。後方メンバー待ちなどで立ち止まるとなんの音もなく静粛の闇夜を実感します、今回は多くのメンバーで走っているのでそうでもありませんがこれが単独走行だとかなり寂しく心細い気持ち・・と言うか怖くて走れません!濃溝ホタリングRIDE

事前に試走しなくて良かった!

香木原林道でメンバーひとりがリム打ちでパンク、これも路面が暗くて段差が解らず突っ込んでしまい起きたパンク。ロングライド300の時も気を付けたいひとつです。

清和のキャンプ場に抜けて自動販売機で補給しながら清和のホタルの里までのコースを確認。濃溝ホタリングRIDEそこから2.5kmほど走ってホタルの里の看板発見!濃溝ホタリングRIDEここは入口に自転車を止めて徒歩で田んぼの畦道に入っていきます。濃溝ホタリングRIDE闇夜の畦道は真っ暗で田んぼの中をホタルの光を探しますが見当たりません、数百メートル走って雑木林の上を見るといましたいました!ポツポツと飛んでいます。黒い林の中で光るホタルはゆっくり動く流れ星のようでとても幻想的、ちょっと感動です。

君津市街に戻りもうすぐ午前1時。遅くなったので今夜は国道のセブンイレブンで解散しました。

予想していましたが集団で走行する夜間走行は単独で走るより数段安心して走れます。今回の走行時間は5時間半、予定では来月のちばロングライド300は走行時間約22時間その半分が夜間走行になるので今回の倍の時間を夜間走行します。バッテリーの温存で今回よりもライトの光も抑えめで走らないといけないかもしれませんまた急きょ電池・バッテリー交換休憩が入ることも考える必要があるなと思いました。

今回の夜間走行とこれから走る試走を参考に来月のちばロングライド300の計画を練ってみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です