2018ホノルルセンチュリーライド(参加編)

9月28日から10月3日までハワイオアフ島で開催されたホノルルセンチュリーライドに参加してきました。

6日間かけた海外イベント参加、内容が満載なので3部作でお届けしたいと思います。

今回は参加受付とブリーフィング、宿からスタートしてホノルルセンチュリーライドに参加して宿に戻るまでの内容です。

参加受付は土曜日に会場からすぐのアラワイゴルフコースのクラブハウスにレンタカーで行きました。混んでるかな?と思ったら皆さん金曜日に済ませたのか受付会場はスキスキ。ゼッケンをもらうといよいよだなぁとテンションも上がります!

ブリーフィングまで時間があったのでチョットホノルルビーチまでBIKIで散歩して戻りブリーフィング終了。ほぼ大会ガイドブック掲載の内容の復習でした。

遂に当日~!!

宿はホノルル中心地から離れた静かな住宅地、会場のカピオラニ公園まで自転車で10分ほどでした。まだ暗い早朝5時に出発ホノルル市街も人通りもなく公園近くになると会場に向かうサイクリストが走っているくらいでした。

スタート地点はカピオラニ公園の西側道路を閉鎖して設定してありました。ABCの3グループ分けしてありましたが日本のように平均速度で分けてあるわけではなく単純にスタート時間の違いだけでした。

先導がいるわけでもなく、コースはイエローの矢印看板を確認しながら進みます。

コースは大まかにオアフ島を反時計回りに海岸線を進み80km地点で折り返して160kmを走ります、一部往復が違うコースがありますがほぼ同じコースを走ります。

早めに会場入りしたせいか参加者もまだまばらで「少なっ!」と思いましたが夜が明ける頃はスタート地点に整列した参加者で道路はいっぱいになっていました。

6:15スタ~ト~!いよいよ初のホノルルセンチュリーライドが始まります、もうワクワクが止まりません!どんなコースなんだろう?どんな風景に出会えるのだろう?期待感がドンドン大きくなります!!

スタート時、気温はまだまだ低くて快適なコンディション。空気澄み切ってて気持ち良いです!まずカピオラニ公園の周りを周回、左手に顔を持ち上げないと全容が見えないほど近いダイヤモンドヘッド見ながら海岸線を走ります。この辺りで日の出に出会えると期待しましたが残念ながら雲の中、それでも隙間からまだ優しい日差しを注いでくれました。

海沿いのコースから離れカハラの高級住宅地を通過ハイウェイに入ります。日本じゃまず考えられませんが高速道路を封鎖しないで1車線だけをパイロンで隔離してコースにしていました。

それから警官の数が半端なかったです、ボライティアらしい立哨の方もいましたがメインのコーススタッフは警官でした。これも日本じゃ考えられませんが安心して走れますよね。しかも笑顔で見送ってくれます。これもアロハな精神ですね!!

ハイウェイ過ぎて最初の絶景、ハワイカイまで来ました。白い砂浜のビーチと青い海そして左には中心にたくさんのヨットが停泊している小島が浮かぶ青く大きなラグーン、その間を突っ切ってコースを走ります。日本ではまずお目にかかれないハワイ独特の風景を見るとハワイを走っているんだよな~と実感!

あとで調べたら結構お勧めスポットでワイキキからの観光客が来店するショップやレストランが集中するエリア。贅沢にもそんなところをただ通過してました。

ラグーンを過ぎて海岸線のアップダウンを避けるように内陸のコースへ、ここでコース一の長い登り。と言っても大したことないけど。下り切って最初のエイド到着。

AID1は20km地点のサンディビーチパーク。高い波を求めて地元サーファーやボディボーダーが集まるビーチで有名みたいです。紫のマサラダ旨かったなぁ

 

スタートしてすぐ長い緩やかな登りを登り切るとコース上一番の絶景スポット、マカプウ展望台!

登り切ってその絶景に出会えた時はもう感動ものでした!来て良かった~!参加して良かった~!

これって現実?そう思えるような絶景、いつまでもここに居たいと思いましたがまだ先は長いです。ゆっくり景色を楽しみながら下って行きます。期待感がさらに大きくなりました~(^^♪

海岸線の間際からセリ上がったような山肌も南国の雰囲気を醸し出しています。

この先から海岸線を離れ内陸に入っていきます。ノースショアまで延びたコオラウ山脈に突き当たったら左折して山肌を左手に見ながら北に向かいます。雨に削られた滝のあとが縦に幾重も連なった独特の山肌、山頂には低い雲が乗っかっていて南国の島の雰囲気です。

AID2カイルアのスクールに到着、ここで40km。気温が上がってきたのでシェイブアイス(かき氷)が旨かった~!

ここからは海沿いのコースを離れ幹線道路を走行、多少のアップダウンはありましたがほぼフラットでアベレージが上がります。

折り返し手前でAID3 日本でもサイクリスト御用達のセブンイレブンで休憩 ここは10:30の足切り地点で到着しないと先には進めませんでした。日本のセブンイレブンのお菓子も置いてありましたよ。

再び海岸線に出た途端絶景が飛び込んできました、山側には観光の方もよく訪れるジェラシックパークの撮影地クアロアランチ、海側には波打ち際までヤシの木がそそり立っているクアロアビーチパーク、水平線に目を向けると沖には「チャイナマンズハット」と呼ばれる島がぽっかりと浮いてます。ここは極楽ですよ!極楽~ホントに来て良かった~

折り返しのAID4スワンジービーチパーク80km地点に到着、折り返しなのでみんなチョット長めに休憩しています。多くのサイクリストで混んでました。

さて復路スタートです。ナントあと80kmで終わりなのでゆっくり絶景を満喫しながら走ります、残り少ないライドを満喫しましょ~

エイド5 100km地点到着 残り60kmになってしまいました(T_T)

エイド5をスタートして次のエイドまでは内陸を走るのでしばらくは絶景見納め次のカイルアのエイドは朝のエイド2と同じ場所です。雲が切れてきてすっかり晴れてきました、気温もすっかり上がり日差しも強くなり空も海も更に青々としてきました~ハワイらしい天気になってきましたよぉ~!

右側通行にもだいぶ慣れてきてハワイの交通事情も少しづつ解って来ました。自動車は流れもゆっくりで自転車にも優しい運転をしてくれます、道路の幅は日本とそれほど変わりませんが日本と違って自転車を邪魔者扱いするドライバーもいないので安心して走れます。サイクルイベント開催中だからかもしれませんが交差点でも優先して通してくれました。

最初は2段階左折していた交差点も往路では交差点手前で中央分離帯に寄って自動車と一緒に信号で停止して左折できるようになりました。

ハワイでは右折時、前の信号が赤でも左からくる自動車に注意して右折することが出来ます。最初は躊躇して青になるまで待っていましたが今は赤でも右折出来るようになりました。ただ、大通りに出る時や「ドントライトターン」の看板のある時は青になるまで待っています。

チョット走りにくかったのが右側の白線に沿って細かい溝が掘ってあります、日本だと逆に細かい出っ張りが連なっていて自動車が白線からはみ出そうになるとガタガタ言うあれです。それがハワイでは溝になっています。

もう一つは同じように白線に沿って正方形の金属製の反射板のようなものが埋め込んであります。日本では夜になると白線が反射しますがハワイの白線は反射しないので補助的についているのかな?

走りながらこの2つを避けながら走るのが少し面倒でした。

復路のカイルアエイド、シェーブアイスは無かったけどイケメン2人がアサイーのスティックアイスを配ってました。火照った体をク~~~ルダウン。

気温も気分も最高潮~ですが、木陰はそよそよと風が吹いて気持ちよくてちょうどいい感じです、日本じゃ拝めない真っ青な空の下再出発~!

再び感動のマカプウ展望台、午後になって海の青さがさらに増したような気がします。来て良かった~再び感動!

マカプウ展望台をスタート、残りも約25km。もうすぐゴールですね~、終わっちゃうのか~、みんな「帰りたくない」の連発です。ここでツールドちばみたいに3日間走らせてくれたらいいのになぁ ナンテ思ってしまいます。

しかし現実はもうすぐゴールのカピオラニパークです。夢のような時間ももう終わりです。

最後のエイド
会場のカピオラニパーク
ゴール!!

会場のカピオラニパーク到着です。ペース上げて走るのナンテ出来ません!制限時間をたっぷり使って午後5時チョット前に到着しました。楽しかったナンテものじゃありませんでした。

カルチャーショックです、期待通り、いや想定外、想像以上の感動の連続でした。今までのサイクルイベントで一番です。これ以上のサイクルイベントが想像できません、日本に帰ってからホノルルセンチュリーライドロスにならないか不安でいっぱいです!

ホントに「贅沢な160km」でした。マハロ!

借りた家の前で

今、話題のサイクリスト専用列車BB BASEを使って銚子までサイクリング

先月のゴールデンウィークに両国駅発のサイクリスト専用列車BB BASEに乗って銚子までサイクリングに行って来ました。

両国駅までは車で移動、両国駅のすぐ前の駐車場に停めてゲートオープンまで準備して待ちます、両国駅前の駐車場からBBBASE専用ホームまではホントにすぐそこ1分もかかりません。

入口の手前にはBBBASEバイシクルステーションがあり大きな看板の前で写真撮影したり自転車をレンタルしたり出来ます、当日はオープン前でサイクリストがレンタル待ちしていました。

BBBASE専用の臨時3番線ホームに入るには歩道に貼ってあるBBBASEのマークに沿って専用ゲートまで行き、チケットを提示して入場します。

また、電車で両国駅に来て乗り換える場合は通常の改札の前にある臨時3番線ホーム入口からレッドカーペットの敷いてある専用通路を通ってホームに入場します。

国技館の隣のBBBASE専用3番線臨時ホームはモダンなつくりに改装されて綺麗です、レッドカーペットの通路や綺麗な専用ホームはBBBASEに乗る前からテンションがメッチャアップします。

車内はまったくのサイクリスト専用。基本自分の座席の後に専用のラックで自転車を固定します、固定も簡単ですよ。

BBBASE銚子サイクリング

他に床にはゴムのマットが敷いてあってクリートでも滑らなかったり、1車両は輪行スペースになっていて自転車を組み立てたり収納したりできます、そのスペースにはこれから行くサイクリングコースの見所などを紹介した動画が流れていたりします。綺麗なトイレな充電の為のコンセントなど細かいところも凝っていますね。

約1時間30分電車に乗って銚子手前の松尾駅に到着。ここから銚子までBBBASEサイトのモデルコースを走ります。距離は約70km時間はたっぷりあるのでゆっくりポタリングです。

サイクリングスタート!

途中の道の駅ではすごい人、さすがGW
お昼ご飯は車内で勧められたつちや食堂
混んでたのでしばらく並んだけどやっと入れました
おススメどおりたいへん旨かったです。

ドーバーライン。何度も通っていますがいつも通過のみでゆっくりした事無かったので短いゲキサカを海岸線に降りてみました、そしたらネットでよく見る絶景に出会い感動~

銚子市内に入って、銚子駅手前のウオッセ21で買い物タイム参加料の中にクーポン券代も含まれているのでここで買い物しました。今、話題のサイクリスト専用列車BB BASEを使って銚子までサイクリング

銚子駅到着。銚子駅もフェンスを通ればすぐそこがBBBASE専用ホーム。

銚子駅を出発!両国駅に戻ります。

車窓からの夕日をのんびり眺めながら2時間30分ですっかり暗くなった両国駅に到着。

予想以上に楽しいサイクリングでした。

両国駅まで行くのは君津からでは少し遠いんですが両国駅の専用スペースのスペシャル感はテンション上がってお勧めです。今まで関心のなかった銚子もゆっくり出来て新しい発見が出来ました。また来よう。

今度は佐原コースでまたBBBASE乗ってみたいですね