パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

タイヤに穴が開いたらPARK TOOL(パークツール)タイヤブート TB-2

サイクリングに出掛ける際いざというときの為に予備チューブを携帯している方は多いと思います。しかしタイヤに穴が開いたら?パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

穴の開いたタイヤで走ると高圧のロードバイクなどのスポーツ自転車はすぐにチューブが破裂してパンクしてしまいます。しかし、予備のタイヤを持参するのは重くて大変です。

そんな時に出先で簡単に応急処置するのがパークツールのタイヤブート(TB-2)です。パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

使用方法はチューブ交換が出来る方なら簡単。ホイルからタイヤを外してタイヤの内側から穴の開いた部分に張り付けるだけです、3枚セットになっているので1枚を切り取り裏紙をはがして裏紙を取って粘着面を張り付けます。その際に粘着面の反対側のパークツールのロゴが入った面の透明のシールのようなものは剥がさないでそのまま張ってください、その方が頑丈です。パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

粘着面は張り付ける時は弱く感じますが、タイヤの空気を入れて走行可能な空気圧にすれば空気圧でタイヤ内側面に密着、しばらく走ればしっかり張り付きます。パークツール タイヤブートTB-2を使ってみた

タイヤブート(TB-2)は応急措置の為のツールなので自宅に戻ったら必ずタイヤ交換をしてください。交換の際にタイヤブート(TB-2)を確認していただくとがっちりと張り付いているのが解ると思います。

場所も取らないコンパクトなものなのでぜひツールケースやツールバックに入れて携帯してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です