2017秋冬パールイズミお勧めアイテム

腹痛対策

秋冬の寒い時期、風に当たってお腹が冷えてトイレに行きたくなるサイクリスト意外と多いと思います。


しもの汗冷え対策

皆さんサイクルパンツの中に下着を履きますか?履かない派履く派いらっしゃると思います。こちらの商品は冬場の汗冷えを防止する為に内側に履くためのインナーショーツです。

ジャージの中にインナーシャツを着る方は多いと思いますが下半身も同じこと。


薄手のグローブとインナーグローブのセット使用

今からの時期は一日の寒暖差が大きくなります。丸一日ライドの時、朝の気温に合わせてグローブをセレクトすると日中は暑くてグローブの中で汗をかいてしまいます、日中の気温に合わせると朝晩は指先の冷えを我慢しなければいけません。

かと言って2種類のグローブを使い分けるには使っていないグローブが荷物になってしまいます。

そこでお勧めなのが薄手のウインターグローブとインナーグローブを重ねる使い方。極力操作感を重視してしかも幅広い気温に対応出来る使い方です。


夏用パンツを冬にも活用

こちらのパンツにはパットが付いていません。なので夏用のパット付きのサイクルパンツの下に重ね着することが出来ます。

チームパンツが夏用しかない場合に冬でもチームウエアで合わせることが出来ます。

同じ防寒対策でレッグウォーマを使う方が多いと思いますがレッグウォーマだと太ももが締め付けられる、ゴムの部分が擦れてしまい痛いなどを防いで防寒できます。

冬のポタリング時、ラフな短パンや夏冬兼用の緩めのサイクルパンツの中に履くのも良いですよね。

幅広く活用できる一枚です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です